False
Friday, 13 December 2013
Oliver Bekker  (Getty Images)
Oliver Bekker (Getty Images)

この日も競技が中断となった「ネルソンマンデラ選手権」は、ダニエル・ブルックスか首位をキープする中、オリバー・ベッカーがリーダーボードを駆け上ってきた。

 

7時間の降雨中断に見舞われた水曜日に続き、マウントエッジコムCCは木曜日のこの日も午前中のわずか4時間23分しかプレーすることができず、再び強い雨にたたられてしまった。

 

この間、ブルックスの8アンダーを上回る選手はいなかったが、南アフリカのベッカーは、14番を終えた時点で6アンダーまでスコアを伸ばし、フランス人ペアのエドアルド・デュボワ、ロマイン・ワルテと並んで3位タイにつけた。2位には同じくフランス人のフランソワ・カルメルが「63」でつけている。

 

第1ラウンドの残りは金曜早朝6時から再開の予定で、第2ラウンドは直後の6時40分からスタートする。

 

水曜日に29歳の誕生日を迎えたベッカーは「ひたすら我慢するしかない。(天候の回復について)僕らができることは何ひとつないからね」と、語った。

 

「我慢比べが続くこの状況ですが、“みんな同じ条件だから”と、受け入れることができれば、勝負の半分はもらったようなものです」

 

「正直に言うと、中断してくれて僕はハッピーでした。天候はひどく荒れていて、タフなホールに差し掛かるタイミングだったので。天気が回復してくれれば、いくぶん気軽にラウンドできるので、明日は晴れて欲しいですね」

 

「今日は重要なパットが何本か決まって、流れが向いてきている感じがする。悪天候の時は、ちょっとした中断が大きな差になる。明日と土曜日の天気予報はすごく良いから、快晴のもとで良いラウンドを重ねたいね」

 

サンシャインツアー3度の優勝経験を誇るベッカーはわずか「29」ストロークで前半を回り、Qスクール出身のブルックスを射程圏内にとらえた。ブルックスは幸いにも、初日の水曜日に第1ラウンドを終えることができた選手だ。

 

「あの時は完全に集中していて、(間もなく中断の)連絡を受けたときは18番のティグランドにいたんだ」と、26歳のブルックスは振り返った。「連絡を受けたタイミングが良かったと思う。そのまま集中してプレーを続けることができて、結果も良かったからね」

 

欧州ツアーで優勝経験のある地元の英雄ブランデン・グレースと、ダレン・フィチャートは12番で揃ってバーディを奪い、4アンダーとしてトップ10に入ってきた。しかし前回王者のスコット・ジェイミソンは、5ホールを残して2オーバーと出遅れている。

Get Adobe Flash player

Tournament Leaderboard

Pos Player nameNatHolePar
1VAN DER WALT, DawieRSA18-15
T2BALDWIN, MatthewENG18-13
T2CAMPILLO, JorgeESP18-13
4WATTEL, RomainFRA18-12
5BEKKER, OliverRSA18-11
T6HAHN, JohnUSA18-10

European Tour Partners

  • Rolex
  • BMW
  • Callaway
  • Dubai Duty Free
  • Emirates
  • Hilton

Media Centre

Official Partner

Official Suppliers

This website is © The PGA European Tour 1997 - 2018. PGA European Tour, Wentworth Drive, Virginia Water, Surrey, GU25 4LX. Registered in England No. 1867610.
All rights reserved. No reproduction, distribution or transmission of any information, part or parts of this website by any means whatsoever is permitted without the prior written permission of the PGA European Tour.