Monday, 15 May 2017
Matt Wallace  (Getty Images)
Matt Wallace (Getty Images)

モルガドゴルフリゾートでの「ポルトガルオープン」を見事ワイヤートゥワイヤーで制覇したマット・ウォラスは、自身のツアー初優勝を現実にした。

大会折り返しで2位に5打差をつけ、最終日を2位と3打差で迎えたウォラスだったが、この日は先ずドイツのセバスチャン・ヘイセル、そしてその後は米国のジュリアン・スリに1打差まで迫られる展開となった。

しかし、27歳のウォラスは鍵となるタイミングでバーディを奪って大会3ラウンド目となるノーボギーのラウンドを完遂し、「69」をマークして通算19アンダーまでスコアを伸ばした。

3打差の2位には、出だし15ホールで9バーディを奪う猛チャージをかけながらも、17番でこの日唯一のボギーを叩いてウォラスをプレッシャーから解放したスリが入った。

3位には通算16アンダーでホールアウトしたフランスのマチュー・パボンが入り、更に1打後方の4位タイにはヘイセルとイングランドのサム・ウォーカーが入った。

ウォラスは昨季のアルプスツアーで5連続優勝を含む6勝を挙げ、チャレンジツアーのプレー資格を得た選手だが、今では、このレベルの大会で僅か4回目の出場にして昨年の勝ち癖を勝利に結びつけたことにより、ヨーロピアンツアーのシード権を獲得した。

「最高の気持ちだ」とウォラス。「ずっとヨーロピアンツアーで優勝するのは夢だったんだ」。

「初めの2日間はとても楽だったけれど、3日目は人生で一番難しい日になり、今日もタフだったけれど、今はとても満足しているし、とても嬉しいね」。

「僕の良き友人であるトム・ルイスが以前、ここポルトガルで優勝していて、昨日彼と話したときにその彼の素晴らしい思い出話を聞いたのだけど、今度は僕がその話しをする番だね」。

6連続パーと穏やかなスタートを切ったウォラスは、7番と9番でバーディを奪って首位の座を維持した。

背後にスリが迫るなか、ウォラスはティショットをミスしたパー5の13番で、5番アイアンで放った3打目をタップイン圏内につけてリードを2打差に広げると、16番でもバーディを奪って勝利を決定付けた。

13番の3打目についてウォラスは、「あれは、『よし、これで自分が優勝だ』と思ったターニングポイントだった」と述べた。

「まさかここで優勝できるとは思っていなかったし、ここに立っている自分の姿を想像したこともなかったけれど、今日ここに立っていられるのは、とにかく自分の目標へ向けてトライし続け、できる限りハードに練習を積んできたからだと思う」。

「(今晩は)何杯かビールを飲むよ」。

Get Adobe Flash player

Tournament Leaderboard

Pos Player nameNatHolePar
1WALLACE, MattENG18-21
2SURI, JulianUSA18-18
3PAVON, MatthieuFRA18-16
T4WALKER, SamENG18-15
T4HEISELE, SebastianGER18-15
T6EVANS, BenENG18-14

European Tour Partners

  • Rolex
  • BMW
  • Emirates
  • Titleist

Media Centre

Official Partner

Official Suppliers

This website is © The PGA European Tour 1997 - 2017. PGA European Tour, Wentworth Drive, Virginia Water, Surrey, GU25 4LX. Registered in England No. 1867610.
All rights reserved. No reproduction, distribution or transmission of any information, part or parts of this website by any means whatsoever is permitted without the prior written permission of the PGA European Tour.